×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1. 目次


○概要
 STM32F4DISCOVERYは1680円と安価でありながら非常に高性能のマイコンボードですが
 その性能を活かす為には無制限の開発環境が必須になります。
 ただ、フリーの環境をEclipseから構築すると多くの知識と手間が必要になります。

 しかし、CooCoxが開発したフリーの開発環境「CoIDE」を利用すれば、
 非常に簡単に開発環境を構築する事ができます。

 本ページではCoIDEによるSTM32F4DISCOVERYの統合開発環境の構築方法を説明します。

注意: ご利用は自己責任にて行ってください。
 

動作を確認した環境:

OS: Windows7 - 64bit
CoIDE: Version: 1.7.2
Sourcery CodeBench Lite: 2012.09-63
ST-LINK v2 Firmware: V2.J15.S0 , V2.J17.S0

  



ページ名  概要
1. 目次  このページです。
2. CoIDEの特徴 統合開発環境IDEのCoIDEの特徴を紹介します。
3.必要なソフトのダウンロード
 3.1 ビルドツールチェイン
 3.2 ST-LINKユーティリティ
 3.3 CoIDE
開発に必要なソフトのダウンロードとインストールを行います。
4. プロジェクトファイルの作成 フレームワークを導入して環境を設定します。
5. ビルド,書き込み,デバッグ 環境の動作をビルドとマイコンへの書き込みで確認します。
デバッグについても簡単に触れます。 
ex. 開発環境TIPS 開発環境のおまけ情報を載せる予定です。 
作成中です。